2013年02月04日

豆しとぎ



枝豆というか大豆というかと米粉で作る青森県南のおやつ。
黒い方は黒豆を使っているんですが、ごまを入れてあるのをみたこともあります。

次のケンミンショーではこれが来るんじゃないか?と個人的には思ってますが、
それほど不思議でもないかしらね〜;

仙台のずんだより甘くなくて、豆とお米の甘さとクリーミーなコクが独特。
これを焼いたりしても食べるそうですが、
私は断然そのまま食べる派です。
買ってまで食べませんが、いつも分けてくださる方のこの豆しとぎが大好き。
あまり日持ちがしないので、早く食べたいんだけど、あまり食べると胸が焼けるの;

でもこの美味しさ、味をどう伝えたらいいか、味的には
やっぱりずんだや五家宝に近いけど、絶対的に甘くない。
でも甘い。お米が甘いのに近いかな?

同じ県内でも青森や弘前の方では知らない方も多いみたい。
やっぱり山に隔てられてる感は否めないわよね〜;








posted by naka at 23:45 | Comment(2) | TrackBack(0) | いただきもの
ファイブ ブログランキング
この記事へのコメント
お久しぶりです〜
もう誰だかわからないかも知れませんね。

はい、弘前の人は豆しとぎ知らないと思います。
私は母が南部出身なので、これ大好きです。
でも、さっとあぶって食べる派。
(温かいものが好きなだけかも)

確かに、甘すぎないけどクリーミーでコクがありますね。
お米の力かなぁ、ずんだより断然好きです。

日持ちがしないので貰ったらすぐ食べる分以外は
カットして冷凍しています。
邪道でしょうか?
Posted by yoshino at 2013年02月05日 19:56
yoshinoさん お久しぶりです〜覚えてますよ!
どっぷりスプーンを削った中ですもの(笑)

豆しとぎ、けっこう炙って食べる人多いですよ。
うちじゃ、母と私しか食べないので
もちろん冷凍してますよ。
でも冷凍臭くなりやすいから、やっぱり急いで食べちゃうの(笑)
Posted by naka(otte) at 2013年02月05日 21:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/318804213
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。